お金を貯めるコツ“主婦の節約貯金術”を教えます

お金を貯めたいのに全然貯まらない、貯金できない。

そんな方でも考え方を一つ変えるだけで貯金できる体質になれます。実は、貯金ができない人にはある特性があるのです。お金が貯まらない、という方には一つの特徴があります。それは、優先順位。生活にかかる費用を先に取り出し、残りを貯金しようとする考えを持っています。人は、もらったものは全て残さず使う習性があるので、「余ったら貯金しよう」という考えだと、お金は残らないのです。逆に、仮に給料が減給されてしまっても1万2万の減給なら大きな違和感なく生活が成り立つのです。この動きは、どんな方にも備わっているもので、例えばテーブルに並んだ食事を全部残さず食べて、後からデザートが出てきた場合は食べられないのに、最初からテーブルに並んでいたら食べられたりしませんか。人間の脳は最初にボリュームを計算し、それに合わせて動く習性があるわけです。貯金をするコツは、この原理を使って貯金する金額を「元からない」ものにすることなのです。お金を貯めるには、まず目標を決めましょう。「1年で○万円貯める」など大まかなもので結構です。そこから毎月いくら貯金するかを計算し、それを収入から引いて、生活費を考えるという逆転の発想です。貯金額を引いてしまうと生活できない、そんなことはありません。節約しているつもりでも、“お金がある”ので必ず無駄遣いしています。特に節約しやすいのが、食費や生活費。食べたり使ったりして消えるものには、必ず無駄があります。貯金額を決めて引いてから生活することでおのずと無駄が見えてくることもあります。貯金額が決まったら、浪費しやすい生活費まわりをいくらにするべきかを確定させてしまい、その分で生活するようにしていきましょう。自分で振込というアクションを起こして「貯金」をすることはとても難しいのです。毎月決まった額を振込して「貯金」をしようとしていると、「今月は厳しそうだからやめておこう」など甘えが出てしまうのです。貯金が得意な方は、給料振込と同時に引き落とされる「積立」を使っているケースが多いのです。積立のいいところは「貯金する」という行動を自動化してくれます。給料振込日と同日引き落としにしておけば、減給されたのと同じ状態になります。もしものときは、一部解約・途中解約が可能なため、心配はいりません。貯金したいと心底思うなら、振込より引き落としの積立を利用しましょう。
ネキシウムを激安・最安値で購入する方法!

今年の春に出産しましたが、夫婦2人の時と比べて洗濯物が格段に増えました。まだ夏は着る枚数が少ないですし、すぐに乾くから良かったのですが、冬は困りものです。着る枚数も多い上、雨で部屋干しだと全く乾きません。赤ちゃんは食事やウンチですぐに服やタオルを汚すので、お着替えをして洗濯物が増えていきます。さらに抱っこしていて吐き戻しされると、親の服も汚れてしまいます。セーターやトレーナーは厚いのでさらに乾きが悪くて悩ましいです。このところ天気が悪い日が多く、部屋干しばかりです。一度コインランドリーで乾燥機にかけて来ようかと思っています。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ